本文へジャンプ NPO法人 HAICS研究会


〒101-0064
東京都千代田区猿楽町
2-7-3
川崎パークビル7F
NPO法人 HAICS研究会
電話03(3518)6500
FAX03(3259)1166
E-メール haics@haicsjp.com

HAICS研究会は医療関連感染制御活動を支援します
サーベイランス導入支援事業
感染対策の専門家(医師・認定ICN)が定期的に病院を訪問し、病院スタッフをサポートしてその施設に適したサーベイランスの導入と運用を支援します。

◆支援するサーベイランスの種類

○手術部位感染サーベイランス(SSI)
○血管内留置カテーテル関連血流感染サーベイランス(BSI)
○尿道留置カテーテル関連尿路感染サーベイランス(UTI)
○人工呼吸器関連肺炎サーベイランス(VAP)

◆サーベイランス導入支援対象となるのは次のような施設です。

○「血管内留置カテーテル」「尿道留置カテーテル」「人工呼吸器」のいずれかを比較的多数使用し、これらの医療器具に関する感染に関心をもち、問題点がないかとうかサーベイランスを通して明らかにしたいと考えている施設。
○消化器系、産婦人科系、泌尿器科系など、比較的術後感染が多い分野の手術を多く手がける施設。
○心臓血管外科手術の件数が多い施設。心臓血管外科、整形外科などの清潔手術における感染率が高いのではないかと考えている施設。
○手術そのものの件数が多い施設。
○その他、カテーテルや手術に関連する感染に関心がある施設。

サーベイランス導入支援の全体の流れはこちらをご参照ください。

サーベイランス導入支援 特徴
支援の流れ 支援先からのコメント
支援実績と学会発表 申し込み
   Copy rights(C) HAICS研究会  2010